経理や管理はシステム導入でとても楽

情報システムの保安上の欠陥を脆弱性と呼び、放置すると情報流出や改ざんなどの被害に繋がります。

経理や管理はシステム導入でとても楽

システムの脆弱性とは何か

コンピュータシステムやネットワークが持つセキュリティ上の弱点を脆弱性と呼びます。脆弱性を放置しておくと個人情報を盗まれたり、データを勝手に書き換えられたり、システムそのものが乗っ取られたりして、利用者に重大な被害を与える危険があります。

脆弱性の多くはプログラムの欠陥が原因です。不正アクセスを試みる者は、この欠陥を探して攻撃するのが常套手段です。欠陥とは言えないほどの些細な仕様ミスでも、攻撃者の手にかかると大きな弱点になってしまいます。そのため毎日のように新しい脆弱性が発見され、そのたびに開発者によって修正プログラムが組まれています。アンチウイルスソフトでウイルスは駆除できますが、脆弱性を治療することはできません。ですから脆弱性が公表される都度、修正プログラムで直していく必要があります。

情報システムは「分進秒歩」と表現されますが、セキュリティの分野にも同じことが言えます。ネットワークの普及によって、一度発見された脆弱性は瞬時に世界へ広まっていきます。昨日まで安全だったからといって、今日も安全とは限りません。脆弱性に関する情報を積極的に収集すると同時に、定期的なシステムの検査を行なうことが、セキュリティ確保の助けになります。

注目度がUPしているシステム関連のハナシは、ネットならここを一度覗いて下さい☆

Copyright (C)2017経理や管理はシステム導入でとても楽.All rights reserved.