経理や管理はシステム導入でとても楽

コンピュータシステムのセキュリティは、厳しくすればするほど利便性が悪くなることが殆どです。しかし、重要です。

経理や管理はシステム導入でとても楽

コンピュータシステムのセキュリティというのは実は

コンピュータセキュリティは一般的にセキュリティを高くすればするほど、利便性が失われるものです。要するに、安全性を高めれば利便性が低くなり、逆に、利便性を高めれば安全性が低くなる、という極めて難しい問題なのです。仮に非常に難しいパスワードを短い周期で変更すれば、これは安全性を高めることになりますが、非常に使いづらいものになってしまうわけです。最近は技術開発の進展もあり、費用をかければ、安全性も利便性もある程度、同時に高めることができるようになってきています。しかし、基本的にはどうしても反比例するものになりますから、それはよく理解しておくべきです。最も重要なことはセキュリティの程度です。厳しくすることがベスト、というわけではないのです。利便性との調和が大事です。

不正侵入対策としては、ファイアウォール、パスワード、ワンタイムパスワード、侵入検知システムなどがあります。どれも導入することがお勧めできるものです。それと内部からも攻撃されることがあります。内部の人間からの悪意ある攻撃、と言うものもあるのです。そうしたことにも備えることがコンピュータセキュリティの重要なところであるといえます。利用者をはっきりとさせる、などの対応がベストになります。

Copyright (C)2017経理や管理はシステム導入でとても楽.All rights reserved.